UQ mobileの速度や評判等をまとめて紹介

シムナイト
ここではUQ mobileのSIMについて解説するぞ。
手っ取り早く公式サイトを見たい人は下のボタンから飛んでくれ。

 

UQ mobileってどんなSIM?

UQ mobileはUQコミュニケーションズが提供するau回線を使用した格安SIMサービスです。

UQ mobileの回線品質は格安SIMの中ではトップクラスです。
UQ mobileはau回線ののMVNOではありますが、通信事業社の位置づけとしてはSoftbankとY!mobileの関係に近く、準キャリアといっても過言ではありません。
そのため、通信回線の品質はとても良く、キャリア回線と同等の速度が出ることも多いです。

UQ mobileは通話用として考えると少し割高になります。
UQ mobileは通話プランとしてぴったりプランとおしゃべりプランというものを用意しています。
ぴったりプランは一定時間分の無料通話があるプランで、おしゃべりプランは5分かけ放題のプランとなっています。
通話料は20円/30秒で、他の格安SIMのように専用アプリを経由して半額にするといったことができません。

UQ mobileのデータSIMは3GBのプランと低速通信(500kbps)の無制限プランしかないので、大容量のデータを使いたい人は要注意です。
UQ mobileは回線品質はいいのですが、料金プランが少し残念です。
ぴったりプランとおしゃべりプランには1GB、3GB、7GBのプランが存在するのですが、データSIMには3GBプランと低速通信プランしか存在しません。
データSIMで大容量の通信を行いたい人は別の格安SIMを検討する必要があります。

UQ mobileはWiMAX2+の電波を使用できます。
公式では表立ってアナウンスはされていませんが、UQ mobileのSIMはWiMAX2+の電波を使用できます。
UQ mobile専売のHUAWEI P9 lite PREMIUMはWiMAX2+の電波を使用でき、下りのベストエフォート値が220Mbpsと書かれています。
公式サポートではHUAWEI P9 lite PREMIUMには専用でWiMAX2+の電波を受信できるようにしてあるとされてますが、他のWiMAX2+対応端末でも電波を受信することができます。

シムナイト
UQ mobileは料金プランが少し残念だが、回線品質は他の格安SIMと比べて非常に高いんだ。
自身の用途にぴったり当てはまれば間違いなく最高の格安SIMになるだろう。

 

UQ mobileの注意点

UQ mobileで運用する場合、LINEの年齢認証ができません。
LINEの年齢認証はキャリアの契約情報を参照して実現されているため、UQ mobileに限らず格安SIMでは認証できないのが現状です。
もしキャリアから格安SIMにMNPで乗り換えようと考えてるのでしたら、LINEの年齢認証ができなくなることを念頭に置いておく必要があります。

ぴったりプランとおしゃべりプランは2年縛りのプランなので途中解約する場合は注意が必要です。
格安SIMにはキャリアのような2年縛りがないのが普通ですが、UQ mobileのぴったりプランとおしゃべりプランには2年契約の縛りが存在します。
そのため契約満了月の翌月以外で解約をした場合、9500円の契約解除料が必要になります。

シムソルジャー
UQ mobileの通話専用プランにはキャリアと同じように2年契約の縛りが存在するから注意してくれ。

UQ mobileの料金プラン

見習い魔法使い
UQ mobileの料金プランは格安SIMの中ではちょっと高いみたい。

UQ mobileの料金プランは通話に最適なぴったりプラン/おしゃべりプランの他に3GBプランと低速通信(500kbps)プランがあります。
料金については画像を見てもらえればわかると思いますが、一応まとめておきます。

料金プラン(税別)
  データSIM 通話SIM
ぴったり/おしゃべりプランS(1GB) - 2980円
ぴったり/おしゃべりプランM(3GB) - 3980円
ぴったり/おしゃべりプランL(7GB) - 5980円
データ高速プラン(3GB) 980円 1680円
データ無制限プラン(500kbps) 1980円 2680円

ぴったりプランとおしゃべりプランは2年契約の縛りがあり、契約満了月の翌月以外に解約すると9500円の契約解除料が発生します。
また、データ高速プランとデータ無制限プランの通話SIMには1年間の最低利用期間が設けられており、最低利用期間中に解約すると9800円の契約解除料が発生します。

UQ mobileの通話料は20円/30秒です。
ぴったりプランとおしゃべりプランは確かに通話する人には最適なプランかもしれませんが、他の格安SIMのように通話料が半額になるということがないので使い方によっては高くなってしまう恐れがあります。
通話料自体はキャリアと変わらないため、データ通信費のみが安くなる感じです。

UQ mobileのSIMを契約する場合、契約事務手数料として3000円かかります。
また、SIMカードのサイズ変更や再発行については3000円の事務手数料が必要となります。

シムナイト
UQ mobileの料金プランは他の格安SIMと比べてキャリアに近いプランになっているんだ。

 

UQ mobileのオプションサービス

安心アクセスV

安心アクセスVは保護者が子供を危険なサイトやアプリから守るためのフィルタリングサービスで、無料で利用することができます。
子供の特徴に合わせて、「小学生」「中学生」「高校生」「高校生プラス」の4段階で制限のレベルが設定できます。

SMS(ショートメッセージサービス)

電話番号でのメッセージ送受信ができるサービスで、月額無料で利用できます。
メッセージの送信料は3円/通で、1日に200通まで送信することができます。

テザリング機能

テザリングとはスマートフォンをアクセスポイントとして、外出先でパソコンやタブレット、ゲーム機などをインターネットに接続する機能のことです。
各キャリアのテザリング機能は別途料金が必要となる場合がありますが、UQ mobileでは無料で利用することができます。
主にモバイルWi-Fiルーターを持っていない人が利用するサービスですね。

音声通話プラン専用オプションサービス

音声通話付きプランを選択した人は着信転送サービス、割込通話サービス、番号通知リクエストサービスが使用できます。

着信転送サービスは電話がかかってきた際に別の電話に転送するサービスで、無料で利用できます。
携帯電話・一般電話・海外の電話・PHS・ポケットベルに転送することが可能です。

割込通話サービスは通話中に別の人から電話がかかってきた際に、現在通話中の電話を保留状態にしてあとからかけてきた人と通話ができます。
LTEプランなら無料で利用できますが、VoLTEプランを使用している人は月額料金200円が必要です。

番号通知リクエストサービスは非通知でかかってきた電話に対して番号を通知するようにガイダンスをしてくれるサービスです。
俗にいう非通知拒否ですね。

つながる端末保証

つながる端末保証は月額500円で、端末が故障した際に無償で修理または交換機を提供してもらえるサービスです。
SIMの契約時にのみ申し込みが可能で、途中から加入することはできません。
保証は年間で合計2回までで、自然故障と破損・水没による故障に対応します。
修理対応の場合は費用はかかりませんが(ただし修理上限金額は50000円まで)、交換対応の場合は毎年1回目4000円、2回目8000円を負担する必要があります。

UQあんしんサポート

UQあんしんサポートはUQ mobileの設定方法や電話帳の移行、スマートフォンやパソコン、周辺機器の使い方について電話または遠隔操作にてサポートを行ってくれるサービスです。
月額350円で利用できるので、スマートフォンやパソコンの操作に自信がない人は加入することをおすすめします。

filii

filiiは月額300円で利用できる子供セキュリティサービスです。
SNSのメッセージを解析し、禁止ワードが使われたりしたらアラートを出したりできます。
他にもSNSでどのような人と繋がっているかの友達分析機能やスマートフォンの利用状況分析機能などがあります。

レコチョク Best

レコチョク Bestはレコード会社直営のレコチョクが提供する音楽聴き放題サービスです。
通常は月額980円のサービスですが、UQ mobile エンタメマーケット経由で加入すると月額908円になります。
曲数はJ-POP・洋楽を中心に300万曲以上存在するので、コストパフォーマンスは非常に高いです。

KK BOX

KK BOXはアジアの楽曲や最新洋楽、方角を中心に2000万曲以上を配信しているアジア最大の聴き放題サービスです。
こちらもレコチョク Bestと同様に月額980円のところ、UQ mobile エンタメマーケット経由で908円になります。
サービスの内容がレコチョク Bestと似ているため、自分の聴きたい曲が配信されている方を利用することになるのではないでしょうか。

電話基本パック

電話基本パック月額380円で留守番電話サービス、三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスの3つのサービスが提供されます。

留守番電話サービスは電源OFF時やサービスエリア外でもメッセージを録音できるサービスです。
録音可能件数は3分×99で、保持期間は1件につき1週間となっています。

三者通話サービスは通話中に新たに別の人を呼び出して、3人同時の会話を可能とするサービスです。

迷惑電話撃退サービスは迷惑電話やいたずら電話に対して「お断りガイダンス」に接続するようにし、直接電話がかかってこなくするサービスです。
登録可能件数は10件(VoLTE SIMの場合は30件)で、登録するには対象の電話について直前に通話をする必要があります。

端末保証サービス

端末保証サービスは故障時の端末交換や修理の他、盗難・紛失時の補償をしてくれるサービスで、月額380円で利用できます。
対象となる端末はUQ mobileが提供するもののみで、端末セットで購入したときのみ加入が可能です。

自然故障の場合、1年目は無償で交換・修理が可能で、2年目以降は交換が1回目が5000円、2回目が8000円、修理が上限5000円となっています。
部分破損や水漏れ・全損の場合、交換は1回目が5000円、2回目が8000円、修理が上限5000円です。

盗難や紛失の場合はUQ mobile端末購入代金から10000円補填されます。

メールサービス

月額200円でメールアドレス(@uqmobile.jp)が取得できるサービスです。
ただし、一部利用できない端末があるため、もしメールサービスを検討している人は公式サイトで対応機種の確認をしてから加入することをおすすめします。

通話明細サービス

通話明細サービスは月額100円で利用でき、当月を含む過去7ヵ月分の通話・通信明細を閲覧することができます。
いつ、どれくらい通話・通信したかを調べる必要がある人は加入してもいいかもしれません。

セキュリティサービス(ウイルスバスター モバイル for UQ mobile)

セキュリティサービスはウイルスバスターモバイルが月額290円で利用できるサービス、Androidのみ対応しています。
不正アプリのブロックやフィッシングサイトや有害サイトへのアクセス規制などができます。

Wi2 300 for UQ mobile

Wi2 300 for UQ mobileはUQ mobile契約者が無料で利用できる公衆無線LANサービスです。
Wi2エリア内なら公衆無線LANが利用できます。
公衆無線LANサービスを利用すればデータ容量の節約ができるので、積極的に利用していきましょう。

旅する吟遊詩人
UQ mobileには実用的なオプションがたくさんあるね。
子供から大人まで、安心して利用できる格安SIMみたいだ。

 

UQ mobileとキャリアの料金比較

UQ mobileのSIMを使うとauと比べてどれくらい安くなるのか比較してみましょう。

auとUQ mobileで同じ条件になるプランをそれぞれ比較してみます。

おしゃべりプラン
キャリア プラン名 金額(税別) 合計金額(税別)
docomo スーパーカケホ 1700円 7000円
データ定額5(5GB) 5000円
LTE NET 300円
UQ mobile プランM(2年目) 3980円 3980円

おしゃべりプランのMで考えると月々3000円ほど安くなり、年間だと36000円もお得です。
1年目は月額2980円で使用できるので、2年間だとauが168000に対しUQ mobileは83520円と、80000万円もお得になります。

旅の吟遊詩人
通話料はキャリアと変わらないけど、データ通信費はかなり安くなるみたいだね。
シムナイト
UQ mobileは他の格安SIMよりは高いけど、それでもキャリアと比べるととても安く使えるんだ。

 

UQ mobileと他の格安SIMの違い

データ通信SIMでもSMSが追加料金なしで使用できる。
UQ mobileのデータ通信SIMはSMSを0円(送信料は別)で使用できます。
これはmineoやIIJmioといったau回線を使用したMVNOにも共通して言えますが、ほとんどの格安SIMはdocomo回線を使用しています。
docomo回線を使用した格安SIMでSMSを利用する場合、150円前後の追加料金が必要となります。
SMSが追加料金なしで使用できるのは地味にうれしいですよね。

UQ mobileはキャリアより安いけど、他の格安SIMより少し高い。
UQ mobileはとても品質が良く、キャリアと同等の通信ができる時もあります。
その分月額料金は他の格安SIMより高く、プランによっては年間で10000円くらい違いがあります。
それでもキャリアと比べると遥かに安いので、品質にこだわる人にはおすすめの格安SIMです。

シムナイト
UQ mobileは準キャリアといった感じの格安SIMのため、品質が良い分だけ他の格安SIMより少し高いんだ。

 

UQ mobileの通信速度

UQ mobileのSIMはとても通信品質がものすごく良いです。
他の格安SIMの場合、昼過ぎや夕方に通信速度が遅くなることがありますが、UQ mobileの場合はそのようなことがほとんどありません。

実際の速度についてですが、「【完全ガイドシリーズ156】 SIMフリー完全ガイド (100%ムックシリーズ)」という雑誌で以下のように記載されています。

最高速度 最低速度 平均速度
80.0Mbps 21.50Mbps 36.54Mbps

UQ mobileは最低速度でも他の格安SIMの平均速度以上の実測値を出しています。
格安SIMは10Mbps出れば充分実用性があると言われている中で、UQ mobileは最低速度が20Mbpsを超えているため、非常に快適なデータ通信が可能です。

UQ mobileには3日間で6GBのデータ使用により通信速度制限が存在します。
YouTubeで動画を6GB分見るとしたら、480pの設定でおよそ12時間前後です。
1日4時間YouTubeを見てれば6GBを超えますが、そもそもUQ mobileの料金プランは最大で月7GBのため、速度制限をかけられる心配はないと考えてもいいと思います。

ギルドマスター
UQ mobileの通信速度はキャリアにも匹敵する。UQ mobileは間違いなく最速の格安SIMだ。

 

UQ mobileの口コミ・評判

iPhone 5sでUQ mobile使ったらヤバい、マジで速い。
これ本家のスピード超えてるんじゃない?
mienoからの乗り換えです。
一時期速度が他のMVNO並に低下したと聞いたのですが、mineoと比べると明らかに速いです。
WiMAX2+を解約して余っていたHWD15が再利用できたので非常に満足しています。
公式では使用不可になってましたが、使えるようになってたんですね。
データ容量が5GB以上のプランがあると最高なのですが…(笑)
シムナイト
やはり通信品質についてはとても良い評価を得ているな。
データ容量については少し不満を持っている人もいるようだ。

 

UQ mobileはこんな人におすすめ

  • 月々の料金を安くしたいけど、通信速度は妥協したくない人
  • WiMAX2+のWi-Fi端末を余らせている人
  • UQコミュニケーションズが好きでたまらない人
ギルドマスター
UQ mobileはキャリアの安価版のような存在のため、キャリアより安く、他の格安SIMよりも品質が良い。
WiMAX2+の電波も使用できるのも利点の一つだ。

 

まとめ

ここまでUQ mobileという格安SIMについて説明してきましたが、いかがでしたか?
UQ mobileの疑問点が少しでも解決できてたら幸いです。
速度を求めるならUQ mobileは最高の選択肢です。
UQ mobile以上の速度を求めるなら大人しくdocomoやauといったキャリアを利用する必要があります。
UQ mobileで残念なのはデータ通信SIMの容量が3GBしか存在しない点ですね。
データ無制限プランの500kbpsはそこそこ快適に使用できるのですが、それなら3GBのプランで低速通信モード(200kbps)で運用していても大して変わりません。
スマートフォンで音声通話をしている人で、月々の料金を安くしたいけど通信速度が遅くなるのは嫌だという人はUQ mobileを使用してみてはいかがでしょうか。

更新日:

Copyright© シムギルド , 2018 AllRights Reserved.