IIJmioの速度や評判等をまとめて紹介

シムナイト
ここではIIJmioのSIMについて解説するぞ。
手っ取り早く公式サイトを見たい人は下のボタンから飛んでくれ。

 

IIJmioってどんなSIM?

IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブが提供する個人向けインターネットサービスでdocomo回線とau回線を使用した格安SIMを提供しています。

IIJmioは安定した通信回線が最大の魅力。
IIJmioは他の格安SIMと比べて通信回線が安定しています。
格安SIMはユーザの増加に伴い通信速度が遅くなることが多々あります。
IIJmioは格安SIMサービスの中では老舗で、提供を始めてからずっと通信回線の品質がほとんど変わりません。
これは格安SIMサービスとして設備が常に最適な状態になっていることを意味します。

IIJmioは5GBではなく6GBで他の格安SIMと同価格。
他の格安SIMだと5GBが主流のところ、IIJmioは6GBのプランで他の格安SIMの5GBと同じくらいの価格で提供しています。
回線の品質が良く、データ容量も多く、そして安い最高の格安SIMといっていいでしょう。

IIJmioはdocomo回線とau回線でシェアSIMが可能です。
IIJmioの格安SIMはdocomo回線とau回線で選ぶことができ、さらに1契約に対して回線を混在させてシェアSIMが可能です。
SIMはミニマムスタートプランとライトスタートプランでは最大で2枚、ファミリーシェアプランでは最大で10枚まで持つことができます。
SIMの追加は1枚あたり400円必要ですが、ファミリーシェアプランなら計3枚までは追加料金なしで利用できます。

シムナイト
IIJmioは回線の品質がとても良い。
3GBのミニマムスタートプランだと他の格安SIMと大差ないが、ライトスタートプランからは確実に差別化ができているぞ。

 

IIJmioの注意点

IIJmioのau回線はVoLTEのみの提供のため、au端末を使う場合はSIMロック解除が必要です
データSIMはどこの格安SIMでも最低利用期間が存在しないものがほとんどですが、IIJmioではキャンペーンで契約したデータSIMに対して6ヵ月の最低利用期間を設けています。
最低利用期間内に解約をした場合、契約解除料として9800円が必要となるので、契約してすぐに解約すると余計な出費となってしまうので注意してください。

IIJmioで運用する場合、LINEの年齢認証ができません。
LINEの年齢認証はキャリアの契約情報を参照して実現されているため、IIJmioに限らず格安SIMでは認証できないのが現状です。
もしキャリアから格安SIMにMNPで乗り換えようと考えてるのでしたら、LINEの年齢認証ができなくなることを念頭に置いておく必要があります。

シムソルジャー
au回線のマルチSIM(VoLTE SIM)を使うにはSIMロック解除をするかSIMフリー端末を選ぶ必要がある。
SIMロック解除できる端末とできない端末があるから、使う予定の端末が対応しているかどうかを調べてから契約しよう。

IIJmioの料金プラン

見習い魔法使い
IIJmioはデータ容量を考えるとライトスタートプランがお得よ。

IIJmioの料金プランはシンプルに3つで、3GB、6GB、10GBのプランで分かれています。
料金については画像を見てもらえればわかると思いますが、一応まとめておきます。

料金プラン(税別)
  データSIM SMS付きデータSIM 通話SIM
ミニマムスタートプラン(3GB) 900円 1040円 1600円
ライトスタートプラン(6GB) 1520円 1660円 2220円
ファミリーシェアプラン(10GB) 2560円 2700円 3260円

音声通話のプランには1年間の最低利用期間が設けられており、最低利用期間中に解約すると1000円×(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)の契約解除料が必要となります。
契約してすぐに解約すると12000円の契約解除料が発生するということですね。
利用月数が増えれば契約解除料が減っていくので、3ヵ月利用すれば他の格安SIMより安く解約することができます。
まぁ回線品質は格安SIMの中ではトップクラスなので、解約する理由はかなり限られると思いますが。

IIJmioにはdocomo回線を使用したタイプDとau回線を使用したタイプAが存在します。
基本的に料金はタイプDとタイプAで違いはありませんが、タイプAはSMSが無料で利用できるためSMS付きデータSIMが通常のデータSIMの価格で利用できます。
タイプAはVoLTE SIMのみの提供なので、使い勝手はそこまでよくありませんがSIMフリーでau回線に対応しているスマートフォンを運用するにはとても良い選択肢となるでしょう。

IIJmioの通話料は20円/30秒です。
みおふぉんという専用アプリを使用すれば通話料が半額の10円/30秒になります。
他にもオプションで3分かけ放題や5分かけ放題があるので、通話を多くする人はそちらも利用するようにしましょう。

IIJmioのSIMを契約する場合、契約事務手数料として3000円かかります。
また、SIMカードのサイズ変更や再発行については2000円の事務手数料が必要となります。

ミニマムスタートプランとライトスタートプランは+400円でSIMカードをもう1枚利用することができ、ファミリーシェアプランは追加料金なしでSIMカードを3枚まで(4枚目以降は1枚ごとに+400円)利用できます。
追加SIMで音声通話や通話定額オプションなどを付与した場合は別途その料金が必要となります。

シムナイト
一人で利用するならライトスタートプランは端末1台で、ファミリーシェアプランはスマートフォン1台とモバイルFi-Fiルーター1台での運用が賢い使い方だ。

 

IIJmioのオプションサービス

通話定額3分オプション

IIJmio専用のオプションで、月額600円でみおふぉんアプリを使用して3分間かけ放題になるオプションです。
また、みおふぉんを使用しているので通話料が半額の10円/30秒になります。
格安SIMを使用して且つ通話もしたい、でも通話したとしても3分以内だから少し安くしたいという人には最高のオプションです。

通話定額5分オプション

IIJmio専用のオプションで、月額830円でみおふぉんアプリを使用して5分間かけ放題になるオプションです。
また、みおふぉんを使用しているので通話料が半額の10円/30秒になります。
格安SIMを使用して且つ通話もしたい、通話は5分くらいがほとんどといった人に最適なオプションとなっています。

つながる端末保証

つながる端末保証は月額500円で、端末が故障した際に無償で修理または交換機を提供してもらえるサービスです。
SIMの契約時にのみ申し込みが可能で、途中から加入することはできません。
保証は年間で合計2回までで、自然故障と破損・水没による故障に対応します。
修理対応の場合は費用はかかりませんが(上限は50000円まで)、交換対応の場合は毎年1回目4000円、2回目8000円を負担する必要があります。

ウイルスバスター モバイル 月額版

月額250円でウイルスバスター モバイルが使用できます。
ウイルスバスターをインストールしていれば、不正アプリやフィッシングサイトへのアクセスなどをそこそこ防ぐことができます。

i-フィルター for マルチデバイス

ウェブフィルタリングやアプリフィルタリングを行えるi-フィルターが月額360円(初月無料)で利用できます。
こういったフィルタリングサービスを利用することで、SNSや出会い系、高額請求などの危険から子供を守ることができます。

トビラフォン for Android

トビラフォン for Androidは公的機関や自治体、トビラフォンユーザから情報を蓄積し、迷惑電話を自動的に拒否するサービスで、月額300円で利用できます。
UQ mobileの迷惑電話撃退サービスと違って電話番号を自動で判別して拒否してくれるのはうれしいですね。
ただし、実際は迷惑電話ではない番号でも拒否される恐れがあるため、利用は少し注意した方がよさそうです。

AOS Cloud

AOS Cloudは月額500円で利用できる容量無制限の自動バックアップサービスです。
復元時は元あった場所と同じ場所に復元するので、バックアップ時と同じ端末でないと復元先が別のディレクトリになってしまう可能性もあります。

自動バックアップというのは魅力的ですが、復元先が固定だったり、ファイルの世代管理がなかったりするのでバックアップは自分でパソコンなどに行った方が良い気がします。
念のため加入しておく程度のオプションですね。

Smart・Checker

Smart・Checkerは月額350円でアプリ上の個人情報連携をスキャンし管理できるサービスです。
Twitterで勝手にツイートする悪質なアプリとの連携を簡単に解除できたりします。
アプリ連携で被害にあってる人はたくさんいるので、こういったサービスを利用して自分の身は自分で守るようにしましょう。

タブホ(タブレット使い放題)

タブホ(タブレット使い放題)は週刊誌やビジネス誌、ファッション雑誌など約500雑誌1000冊以上が読み放題になるサービスで、月額500円で利用できます。
サービス自体は株式会社OPTiMが提供しているもので、IIJmio経由で登録することで最大2ヵ月無料で利用することができます。

スマホでUSEN

スマホでUSENはお店のBGMでお馴染みのUSENを月額490円で利用できるサービスです。
サービス自体は株式会社USENが提供しているもので、IIJmio経由で登録することで最大2ヵ月無料で利用することができます。

music.jp

music.jpは株式会社エムティーアイが提供するサービスで、月額のプランは300円・500円・1000円・2000円・3000円・5000円のコースが存在します。
IIJmio経由で登録すると、通常では選択できない月額400円のコースが適用されます。
聴き放題系のサービスではなく、ポイントでの購入系サービスとなっています。
音楽以外にも動画やマンガなどの配信もありますが、わざわざ使う必要のあるサービスかといわれると正直微妙な気がします
ほとんどの人はGoogle Play MusicかiTunes、Amazonミュージックを使ってると思うんですよね…。

旅する吟遊詩人
IIJmioは利用できるオプションはそこまで多くないけど、利用する人が多そうなものに絞っている印象だね。
これが安い金額でサービスを提供していける秘訣なのかもしれないね。

 

IIJmioとキャリアの料金比較

IIJmioのSIMを使うとdocomoやauと比べてどれくらい安くなるのか比較してみましょう。

docomoとIIJmioで同じ条件になるプランをそれぞれ比較してみます。

docomoとの比較
キャリア プラン名 金額(税別) 合計金額(税別)
docomo カケホーダイライト 1700円 7000円
データMパック(5GB) 5000円
SPモード 300円
IIJmio ライトスタートプラン(6GB) 2220円 3050円
通話定額5分オプション 830円

docomoで5分かけ放題ができるプランと5GBのデータ容量のプランを選択すると合計で7000円ですが、IIJmioだとおよそ3000円となり、年間で48000円も安くなります。

auとの比較
キャリア プラン名 金額(税別) 合計金額(税別)
au スーパーカケホ 1700円 6200円
データ定額3(3GB) 4200円
LTE NET 300円
IIJmio ミニマムスタートプラン(3GB) 1600円 2430円
通話定額5分オプション 830円

auで5分かけ放題ができるプランと3GBのデータ容量のプランを選択すると合計で6200円ですが、IIJmioだとおよそ2400円となり、年間で46000円も安くなります。
auだと3GBのプランがあるためそちらで比較しましたが、docomoと同様に5GBのプランで比較するとdocomo同様に年間で48000円安くなります。

IIJmioの場合、5GBではなく6GBで他の格安SIMの5GBプランと同じ価格帯のため、非常にコストパフォーマンスが良いです。

旅の吟遊詩人
docomoとauのどちらから変えても年間で46000円以上安くなるうえに、使えるデータ容量も多くなるなんてすごくお得だね。
シムナイト
IIJmioは3GBのプランだと他の格安SIMとほとんど変わらないが、それ以降のプランだととてもコストパフォーマンスに優れている格安SIMなんだ。

 

IIJmioと他の格安SIMの違い

docomo回線(タイプD)とau回線(タイプA)でSIMが選べる。
IIJmioはdocomo回線の他にau回線のSIMカードも選択が可能です。
au回線はマルチSIM(VoLTE SIM)のみの提供ですが、au回線に対応したSIMフリー端末で活用できるため、docomoの電波を受信しにくい場所で活躍します。
これは完全に個人的な話ですが、人が多く集まる地下のライブハウスでau回線が地味に活躍して非常に助かりました。

シェアSIMでデータ容量を無駄なく使うことが可能。
IIJmioは全てのプランでシェアSIMに対応しています。
他の格安SIMのシェアSIMは余ったデータ容量を翌月にシェアできるといったものが多いですが、IIJmioは余ったデータ容量ではなく、全てのデータ容量をシェアすることができます。
使用可能なSIMの枚数はミニマムスタートプランとライトスタートプランが最大2枚、ファミリーシェアプランが最大10枚です。
しかもファミリーシェアプランは追加料金なしで3枚までSIMを使用することができ、月額料金も他の格安SIMの10GBプランと大差ありません。
スマートフォンとモバイルWi-FiルーターとUSBデータカードを同時に使用したいけど、そのために契約を増やすのはちょっと…という人にはまさしく最適なプランです。
しかもdocomo回線とau回線を混在させてもシェアSIMが可能なので、au回線でスマートフォン、docomo回線でモバイルWi-Fiルーターといった使い方も可能です。

シムナイト
IIJmioなら口座振替で支払えるので、クレジットカードを持ってない人でも契約が可能だ。
楽天スーパーポイントも月額料金の支払いで貯めることができるので楽天市場での買い物もさらに捗るぞ。

 

IIJmioの通信速度

IIJmioのSIMはとても通信品質が良いです。
ただし昼の12~13時(会社員の昼休憩時間)や夕方の18~19時(会社員の退社時間)は速度が遅くなります。
これはどの格安SIMでも言えることで、同じ時間にたくさんのユーザが通信を行うことで発生します。

実際の速度についてですが、「【完全ガイドシリーズ156】 SIMフリー完全ガイド (100%ムックシリーズ)」という雑誌で以下のように記載されています。

  最高速度 最低速度 平均速度
IIJmio(D) 45.25Mbps 0.65Mbps 13.15Mbps
IIJmio(A) 記載なし 記載なし 記載なし

常に最低速度だと使ってられないですが、主に遅くなるのは12~13時と18~19時で、それ以外はとても快適に使用できます。

参考にした雑誌にはau回線の速度について記載がありませんでしたが、私が個人で使用してみた感じではdocomo回線と大差ない感じの速度でした。

IIJmioのタイプAをW03で使用

IIJmioのタイプAをW03で使用

Speed Testの実行結果

Speed Testの実行結果

3回計測して、下り平均は18.05Mbpsと優秀な結果が出ました。

IIJmioは低速通信モード(クーポンオフの状態)3日間で366MBのデータを使用すると通信速度制限がかかります。
docomo回線(タイプD)の場合は上記以外の通信速度制限はありませんが、au回線(タイプA)の場合は高速通信モード(クーポンオンの状態)で3日間で6GBのデータを使用すると通信速度が制限されることがあります。
これはIIJmio側の制限ではなくau側の制限のため、他のau回線の格安SIMでも同じことが言えます。

ギルドマスター
私の友人たちは皆IIJmioを使用している。
やはり回線品質が安定していることと、ファミリーシェアプランのコストパフォーマンスの高さが決めてらしい。

 

IIJmioの口コミ・評判

やはりdocomoとauのユーザ数の違いのためか、人が多いところだとタイプAの方が快適でした。
au回線はWiMAX2+の電波が拾えるのでSIMフリーのWiMAX2+端末であるW03がめっちゃ活躍しますね。
シェアSIMのおかげでスマートフォンとWi-Fiルーターが良い感じに使い分けできます。
docomoで無駄に大容量のプランを使用していたので、IIJmioの一番安いやつにしたらものすごく安くなったので満足してます。
タイプDを使用してますが、場所によってはものすごく遅いときがありますが、少し移動すると快適な速度になるのでおそらくdocomo側の設備の問題なのでしょう。
初めて契約した格安SIMがIIJmioなので、他はどうかわかりません。
特に不自由なく利用できているので、他を試す必要がなくなりました。
シムナイト
IIJmioはなかなかに高評価の格安SIMだ。
東京都内の一部の地域ですごく遅いという情報を見かけたことがあるが、IIJmioは設備がしっかりしているのでdocomo側の設備に対してその地域のユーザ数が多いということだろう。

 

IIJmioはこんな人におすすめ

  • 格安SIMを使ってみたいけど、失敗したくない人
  • auのVoLTE端末が余っていて、有効活用したい人
  • データ容量は5GBだと足りないけど、7GBだと多いという人
  • docomoのWi-Fiルーターを安く運用したい人
  • 全ての手続きをインターネットで済ませたい人
ギルドマスター
IIJmioは契約から解約まで全ての手続きがインターネットで行えるのが便利だ。
一部の格安SIMは契約はインターネットでできるが、解約は電話というところが結構あるからな。
料金プランの種類は好きないがデータ容量が他より多くて安い。回線品質も良いので、docomo回線の格安SIMを使うならここでまず間違いはない。

 

まとめ

ここまでIIJmioという格安SIMについて説明してきましたが、いかがでしたか?
IIJmioの疑問点が少しでも解決できてたら幸いです。
IIJmioは格安SIMサービスの中では老舗で、設備もしっかりと整っているので本当におすすめできる格安SIMです。
残念な点を挙げると、au回線がマルチSIM(VoLTE SIM)のみでau端末をそこまで有効に活用することができないということですね。
それでも総合的に考えると非常に優秀な格安SIMのため、初めて使うという人でも安心して利用できます。

更新日:

Copyright© シムギルド , 2018 AllRights Reserved.