基礎知識

MNOとMVNOとMVNEについて

更新日:

格安SIMについて調べているとMNOやMVNO、MVNEといった単語を見かけると思います。
普通に使う分には特に気にする必要のないところかもしれませんが、知識として持っておけば格安SIM選びの参考になるかもしれません。
そこで、今回はMNOとMVNO、MVNEについて簡単に説明していこうと思います。

MNOとは

MNOとは移動体通信事業者(Mobile Network Operator)のことで、携帯電話やPHSなどの移動体回線網を自社で保有し、通信サービスを提供する事業者のことを指します。
日本の主なMNOはdocomo、au、SoftBank、Y!mobileの4社です。
最近はY!mobileが格安SIMと名乗っているためソフトバンク回線を使用した格安SIMと勘違いをしている人も多いですが、Y!mobileも立派なMNOです。

MVNOとは

MVNOとは仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)のことで、自前では回線設備を持たず、他の事業者から通信回線と設備を借りて運営している事業者のことを指します。

MVNOは自社で回線設備を持たないため、設備にかかる費用などがMNOと比べて安く済みます。
格安SIMを提供している会社がどうして月額料金を安くできるかはそういった設備の事情も含まれています。

MVNOはMNOから回線設備を借りて事業を行っているわけですが、すべてのMVNOがMNOから同じだけの設備を借りているわけではありません。
MVNOの回線品質はMVNOがMNOからどれだけの設備を借りているかによって大きく左右されます。

MVNEとは

MVNEとはMobile Virtual Network Enablerの略で、MVNOに対して支援サービスを提供する会社や団体を指す言葉です。
MNOやMVNOのように日本語での名称はなく、仮想移動体サービス提供者と呼ばれています。

MVNEの役割はMVNOの代理人としてMNOに交渉したり、課金システムの構築・運用やアプリケーションのプラットフォーム提供等です。
MNOとMVNOの間に入ってMVNOの業務を総合支援するのがMVNEで、MNOから借りている設備で余裕のある部分をMVNOに提供しているといった感じでしょうか。

格安SIM選びのポイントとしてはMVNOとして評判がよく、MVNEとして事業を行っているところを選ぶのがベストでしょう。

MVNOとMVNEの相関図

格安SIMを選ぶにあたりMVNOとMVNEはとても大切な要素の一つです。
今は一般的となってきている格安SIMの価格はほとんど同じで、選ぶポイントが価格ではなく速度品質やサポート面となってきています。

MNO MVNE(MVNO) MVNO
docomo mineo Fiimo
IIJmio QTmobile
hi-ho
エキサイトモバイル
DMMモバイル
イオンモバイル
OCN モバイル ONE ぷららモバイルLTE
NifMo
LINEモバイル
DTI SIM U-mobile
TONEモバイル
スマモバ
nuro mobile ロケットモバイル
b-mobile -
BIGLOBE -
FREETEL -
楽天モバイル -
au mineo QTmobile
Fiimo
UQ mobile -
IIJmio -
SoftBank b-mobile U-mobile
Y!mobile - -

全てのMVNOを調査したわけではありませんが、代表的なものを整理するとこんな感じになります。
総ユーザ数はおそらくOCNが多いと思いますが、評判の良いMVNOはmineoとIIJmioですね。
OCNのユーザ数が多いのは端末とSIMカードの抱き合わせ販売で事務手数料を無料化させてるからだと考えられます。
楽天モバイルは以前はOCNをMVNEとしたMVNOでしたが、現在はdocomoとL2接続をしており独自のサービスとして展開しています。

ギルドマスターがガチでおすすめする格安SIMランキング

イチ押しはdocomoとauの両方に対応し、分厚いユーザサポートのあるmineo

  • docomo回線とau回線の両方に対応している
  • SIMカードを複数枚契約すると割引がある
  • 家族間、同一契約者で余ったパケットを翌月共有できる
  • 電話やメール以外に店舗サポートがある
  • フリータンクという独自のサービスでパケットをmineo全ユーザで分け合える

端末セットで買うなら専売端末のある楽天モバイルがハイコスパ!

  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天モバイル専売のスマートフォンがある
  • 度々開催されるキャンペーンで最新端末が安く購入できる
  • 口座振替での支払いが可能

維持費最安値なら月額298円から使えるロケットモバイル

  • 低速だけど、格安SIMの使い放題プランで最安値
  • アップロード特化のプランがあるため、YouTuberに最適
  • 独自のポイントシステムで月額料金を0円にすることも可能

-基礎知識
-

Copyright© シムギルド , 2018 AllRights Reserved.