mineo

mineoならフリータンクを使って全ユーザでパケット共有できる

更新日:

mineo専用コミュニティサイト「マイネ王」には毎月最大1GBまでデータ容量が分け合えるフリータンクというサービスがあります。
これはmineoユーザが余ったデータ容量をタンクに貯蔵して、mineoの全ユーザで分け合えるという他社にはないユニークなサービスです。

今回はそんなユニークなフリータンクについてご紹介します。

フリータンクとは

フリータンクとは、マイネ王というサイトにあるデータ容量貯蔵タンクで、このタンクには毎月余ったデータ容量がmineoユーザの善意によって寄付されています。

このフリータンクに寄付されたデータ容量はデータを使い過ぎて困っている人が毎月最大1GBまで引き出すことができるようになっています。
こういった助け合いの精神は日本人特有といってもいいかもしれませんね。
もし当月のパケットを使い切ってしまっても、最大で1GBまで引き出せるので安心ですね。

フリータンクの使い方

フリータンクを使うためにはマイネ王とeoIDを連携させておく必要があります。
連携はマイネ王のユーザを作成してeoID連携をするだけなのでここでは説明を割愛させていただきます。

フリータンクにデータ容量を貯蔵する

マイネ王を開き、「フリータンク」をクリックします。

次に、「入れる」をクリックします。

10MB単位でフリータンクに入れたいデータ容量と、任意でコメントを入力します。
入力内容に問題がなければ、「パケットを入れる」をクリックします。

確認メッセージが出てきますので、問題なければ「OK」をクリックします。

フリータンクへのデータ貯蔵が完了すると、完了画面に遷移します。

フリータンクからデータ容量を取り出す

フリータンクからデータ容量を取り出す方法はデータ容量を貯蔵する方法と基本的には同じです。
ただし、フリータンクからデータ容量を取り出すには以下の条件が存在します。

  • 毎月21日~末前日
  • 1ヵ月にデータ容量の引き出しは2回まで
  • 1ヵ月のデータ容量の引き出し上限は合計1000MB(1GB)まで

では、フリータンクからデータ容量の取り出す手順を説明しますね。
まず、データ容量の貯蔵と同様にマイネ王のトップページから「フリータンク」をクリックします。

次に、「引き出す」をクリックします。

画面キャプチャを取得したタイミングが利用期間外だったため、入力項目にマスクがかかってますが、利用期間内なら入力できます。
引き出したいデータ容量と、任意でコメントを入力します。
入力内容に問題がなければ、「パケットを引き出す」をクリックします。

この後の流れは「パケットを入れる」の時と同様に確認メッセージが表示され、「OK」をクリックするとデータ容量の引き出しが完了するはずです。
引き出したデータ容量は翌日から利用可能となります。

まとめ

以上でフリータンクの使い方の説明は終了です。
ほとんどの格安SIMはデータ容量が足りなくなったらデータチャージという方法で100MB単位で購入する必要がありますが、mineoならユーザの善意によって無料で月1GBまでチャージすることができます。
フリータンクはmineoユーザの余ったデータ容量を貯蔵しているサービスのため、もしユーザの貯蔵量よりも引き出し量の方が上回ってしまったらサービスが利用できなくなってしまいます。
フリータンクを活用しようと思っているのでしたら、データ容量が余った月は翌月に繰り越せない分だけでも貯蔵するように心がけましょう。

ギルドマスターがガチでおすすめする格安SIMランキング

イチ押しはdocomoとauの両方に対応し、分厚いユーザサポートのあるmineo

  • docomo回線とau回線の両方に対応している
  • SIMカードを複数枚契約すると割引がある
  • 家族間、同一契約者で余ったパケットを翌月共有できる
  • 電話やメール以外に店舗サポートがある
  • フリータンクという独自のサービスでパケットをmineo全ユーザで分け合える

端末セットで買うなら専売端末のある楽天モバイルがハイコスパ!

  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天モバイル専売のスマートフォンがある
  • 度々開催されるキャンペーンで最新端末が安く購入できる
  • 口座振替での支払いが可能

維持費最安値なら月額298円から使えるロケットモバイル

  • 低速だけど、格安SIMの使い放題プランで最安値
  • アップロード特化のプランがあるため、YouTuberに最適
  • 独自のポイントシステムで月額料金を0円にすることも可能

-mineo
-,

Copyright© シムギルド , 2018 AllRights Reserved.