mineo

mineoの契約事務手数料を0円にする方法

更新日:

mineoを申し込むときエントリーコードを使えば契約事務手数料(3000円)が0円になります。
今回はそんなエントリーコードの使い方やメリット・デメリットについてご紹介します。

エントリーコードって何?

エントリーコードというのは、格安SIMを申し込みする際に契約事務手数料が0円になる魔法のコードです。

エントリーコードは別名としてエントリーパッケージと呼ばれたりしますが、正確には「エントリーパッケージ」の中に「エントリーコード」が記載されています。

エントリーコードってどうやって入手するの?

エントリーコードはAmazonで1000円前後で入手することができます。

エントリーコードを入手するのにお金かかってるじゃん!0円じゃないじゃん!と言われてしまうかもしれませんが、本来なら3000円のところを1000円で申し込みができるのですから、そこは多めに見てください(笑)

エントリーコードのメリット・デメリットって何?

エントリーコードを使うことによって、初期費用が安くなります。
通常なら契約事務手数料として3000円必要なところをエントリーコードの代金1000円で申し込みができるので、2000円も安く申し込みができます。
2000円もあればそこそこ豪華なランチが食べられますね(笑)

エントリーコードは確かに初期費用が安くなりますが、当然デメリットもあります。
それは、SIMを使い始めるまでに通常も申し込みよりも時間がかかってしまうということです。
通常の申し込みはインターネットで必要事項を記入してボタンを押せば完了ですが、エントリーコードを使用した申し込みの場合はエントリーコードの入手からしなければなりません。
エントリーコードはAmazonで入手できるわけですが、Amazonで購入して、商品が手元に届くまでは申し込みができないことになります。
最近の宅配業者はとても頑張っていてくれて、注文した翌日に届くことが多いですが、それでも通常の申し込みと比べると使用開始までに時間がかかることは確かです。

エントリーコードの使い方

入手したエントリーコードの使い方はmienoの公式サイトで入力するだけです。
mineo公式サイトの画面を使ってざっくりと解説していきますね。

まずはmineo公式サイトの申し込みページを開きます。

新規の申し込みの場合は「お申し込み手続きへ」をクリック。
既にeoIDを持っている場合は「eoIDでログイン」をクリック。

「エントリーパッケージをお持ちのお客様」を選択し、エントリーコードを入力して「次へ進む」をクリック。

これ以降は通常の申し込みと同じように入力していくだけで完了です。
たったこれだけで事務手数料が0円になるなんて、とってもお得ですよね。

まとめ

以上でmineoの契約事務手数料を0円にする方法の説明は終了です。
正確には0円ではなく3000円のところを1000円にする方法ですが(^^;

エントリーコードを使用することで通常よりも安く契約できるので、利用しない手はないですよね!

エントリーコードの入手はこちらから>>Amazonで購入

契約事務手数料3000円でいいから1日でも早く使いたいという人は公式サイトでエントリーコードなしで手続きすればOKです。

ギルドマスターがガチでおすすめする格安SIMランキング

イチ押しはdocomoとauの両方に対応し、分厚いユーザサポートのあるmineo

  • docomo回線とau回線の両方に対応している
  • SIMカードを複数枚契約すると割引がある
  • 家族間、同一契約者で余ったパケットを翌月共有できる
  • 電話やメール以外に店舗サポートがある
  • フリータンクという独自のサービスでパケットをmineo全ユーザで分け合える

端末セットで買うなら専売端末のある楽天モバイルがハイコスパ!

  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天モバイル専売のスマートフォンがある
  • 度々開催されるキャンペーンで最新端末が安く購入できる
  • 口座振替での支払いが可能

維持費最安値なら月額298円から使えるロケットモバイル

  • 低速だけど、格安SIMの使い放題プランで最安値
  • アップロード特化のプランがあるため、YouTuberに最適
  • 独自のポイントシステムで月額料金を0円にすることも可能

-mineo
-,

Copyright© シムギルド , 2018 AllRights Reserved.