docomo回線のデータSIM比較

以下の観点からdocomo回線のデータSIMについて比較し、最もおすすめできると判断した格安SIMをご紹介します。

  • 料金プラン
  • 速度
  • 高速通信追加クーポン
  • 口コミ情報

各社の格安SIMを料金プランで比較

データSIM
  無制限(低速) 500MB 1GB 2GB 3GB 3.1GB 5GB 6GB 7GB 10GB 13GB 20GB 30GB
mineo - 700円 800円 - 900円 - 1580円 - - 2520円 - - -
楽天モバイル 525円 - - - - 900円 1450円 - - 2260円 - 4050円 5450円
IIJmio - - - - 900円 - - 1520円 - 2560円 - - -
NifMo - - - - 900円 - - - 1600円 - 2800円 - -
ロケットモバイル 298円 - 590円 690円 840円 - 1200円 - 1850円 - - - -
データSIM(SMS付き)
  無制限(低速) 500MB 1GB 2GB 3GB 3.1GB 5GB 6GB 7GB 10GB 13GGB 20GB 30GB
mineo - 820円 920円 - 1020円 - 1700円 - - 2640円 - - -
楽天モバイル 645円 - - - - 1020円 1570円 - - 2380円 - 4170円 5520円
IIJmio - - - - 1040円 - - 1660円 - 2700円 - - -
NifMo - - - - 1050円 - - - 1750円 - 2950円 - -
ロケットモバイル 448円 - 740円 840円 990円 - 1350円 - 2000円 - - - -

ロケットモバイルが全体的に安いですが、そこまで大きな差があるわけではありません。
料金プランの豊富さで見てみると、データ容量の少ないものならロケットモバイル、多いものなら楽天モバイルといった感じですね。

Twitterやメールといった文字でのやり取りが多い人にはロケットモバイルの無制限プランが良いでしょう。
それ以外の人は最低でも月に3GBのデータ容量があった方が安心ですので、自分の使い方に合ったプランを選択しましょう。

各社の格安SIMを通信速度で比較

様々な雑誌やネット情報、管理人自身が測定した結果から、一日の最高速度、最低速度、平均速度を比較します。

  最高速度 最低速度 平均速度
mineo 45.99Mbps 0.47Mbps 15.19Mbps
楽天モバイル 47.52Mbps 1.49Mbps 16.76Mbps
IIJmio 45.25Mbps 0.65Mbps 13.15Mbps
NifMo 50.19Mbps 0.34Mbps 14.67Mbps
ロケットモバイル 4.76Mbps 0.28Mbps 1.89Mbps

ロケットモバイル以外は全体的に安定して使えると考えていいでしょう。
最高速度ではNifMoが一番速いですが、最低速度と平均速度を見てみると楽天モバイルが安定して通信ができる印象です。
ロケットモバイルは低価格が故に利用できる帯域が他の格安SIMと比べて少ないのか、全体的に遅いです。

各社の格安SIMを高速通信追加クーポンで比較

  料金/データ容量
mineo 150円/100MB
楽天モバイル 300円/100MB
550円/500MB
980円/1GB
IIJmio 200円/100MB
NifMo 900円/500MB
ロケットモバイル 未提供

100MBの追加の場合はmineoが、容量が多い場合は楽天モバイルが安いですね。
ただ、できれば追加クーポンのお世話になることのない料金プランを選択するのが一番です。
ロケットモバイルには追加クーポンが存在しませんが、上位プランへの変更が即時適用(月に一回)できるため他社の追加クーポンよりもお得にデータ容量を増やすことができます。
通信速度を考えるとロケットモバイルで高速通信のプランを選択する人はいないと思いますが…。

口コミ情報

各社の格安SIMについて口コミ情報を「良」と「悪」でまとめてみました。

 
mineo
  • 家族で使うと月額料金が安くなるから出費が減った
  • 店舗サポートもあるので安心
  • mineoユーザ全員でパケットをシェアできるのスゴイ
  • 通信速度が速い
  • 昼間は遅くて動画とか見れない
  • 複数回線で安くなるのはいいけど、シェアSIMができないのは残念
楽天モバイル
  • 大容量のプランが安い
  • キャンペーンで端末が安く買えるのが良い
  • 通信速度が速い
  • 3日間の制限がなくなったのがうれしい
  • 口座振替で支払いができる
  • APNの情報が何度も変わってるので少し不安
  • 場所によってはすごく遅いときがある
  • 概ね満足はしてるけど、口コミは信用できない
IIJmio
  • 10GBのプランが追加料金なしで3枚のシェアSIMできるの便利
  • 通信速度が速い
  • タイプD(docomo回線)とタイプA(au回線)でシェアSIMできるのスゴイ
  • 場所によってはすごく遅いときがある
  • 料金プランの選択肢がもう少し欲しい
NifMo
  • 通信速度が速い
  • 大容量のプランが安い
  • 1日あたりのデータ使用量の制限が厳しい
ロケットモバイル
  • TwitterやLINEのやり取りなら低速通信の無制限プランで充分
  • ロケモバの独自ポイントシステムで月額料金がタダにできるのスゴイ
  • 高速通信のプランが遅くて使い物にならない
  • 安さ以外の取り柄がない

口コミは信用できないという口コミがあり、気持ちがとてもよくわかります。
結局のところ、こういったものは自分で使ってみないと何もわからないものです。
ただそれでも情報として流れていれば一つの判断材料にもなるのも事実です。

おすすめできる格安SIM

一番は楽天モバイル

料金プランや速度、口コミ情報をまとめると、最もおすすめできる格安SIMは楽天モバイルです。
楽天モバイルはシャアSIMができないので複数端末で利用するには不向きですが、一台の端末で利用する場合はとても優秀な格安SIMです。
楽天モバイルのデータSIMはキャリアと比べてはるかに安く、モバイルWi-Fiルーターでの運用に適しています。
当サイト管理人のイチ押しはmineoなのですが、複数端末で利用しない且つdocomo回線で考えたら楽天モバイルの方に軍配が上がります。

次点でmineo

次点でおすすめなのはmineoとなります。
mineoはフリータンクというユニークなサービスでmineoユーザ全員でパケットを共有することができます。
フリータンクで使用できるデータ容量は月に最大1GBまでと決まっていますが、データ容量が足りなくなった際に追加クーポンを買わずにチャージできるのはとても助かります。
当然パケットが余ったときはフリータンクに貯蔵しないとタンクが枯渇しないように積極的に貯蔵する必要があります。
家族割や複数回線割といった割引もあるため、複数端末での利用に適しています。
複数回線契約している場合、余ったデータ容量を翌月各回線で共有できるのもポイント高いです。

ギルドマスターがガチでおすすめする格安SIMランキング

イチ押しはdocomoとauの両方に対応し、分厚いユーザサポートのあるmineo

  • docomo回線とau回線の両方に対応している
  • SIMカードを複数枚契約すると割引がある
  • 家族間、同一契約者で余ったパケットを翌月共有できる
  • 電話やメール以外に店舗サポートがある
  • フリータンクという独自のサービスでパケットをmineo全ユーザで分け合える

端末セットで買うなら専売端末のある楽天モバイルがハイコスパ!

  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天モバイル専売のスマートフォンがある
  • 度々開催されるキャンペーンで最新端末が安く購入できる
  • 口座振替での支払いが可能

維持費最安値なら月額298円から使えるロケットモバイル

  • 低速だけど、格安SIMの使い放題プランで最安値
  • アップロード特化のプランがあるため、YouTuberに最適
  • 独自のポイントシステムで月額料金を0円にすることも可能

更新日:

Copyright© シムギルド , 2018 AllRights Reserved.