基礎知識

各キャリアの対応バンドまとめ

投稿日:

SIMフリー端末が一般的になってきていますが、SIMフリーだからといって全てのSIMカードが使えるわけではありません。
SIMフリー端末には対応している電波の周波数(バンド)があり、キャリア毎に使用できる電波の周波数(バンド)が決まっています。
今回は各キャリアが使用しているバンドについて整理して観ようと思います。

各キャリアの対応バンド(3G回線)

Band 周波数帯域 docomo au SoftBank Y!mobile
1 2100MHz  
6 800MHz      
8 900MHz    
9 1700MHz    
11 1500MHz      
BC0 800MHz      
BC6 2000MHz      

SoftBankのバンド11は2017年3月31日に提供が終了しています。

docomo、SoftBank、Y!mobileの3G回線はW-CDMAという一般的な規格ですが、auはCDMA2000という規格で少し特殊な回線となっています。
W-CDMAは多くのSIMフリー端末で対応しているため、端末の対応バンドとキャリアの使用バンドがあっていれば使用することができますが、CDMA2000に対応しているSIMフリー端末はほとんど存在しません。
日本国内で使用できるSIMフリー端末でauのCDMA2000に対応しているのはgoo SimSellerで販売されているg07+くらいです。

各キャリアの対応バンド(LTE)

Band 周波数帯域 docomo au SoftBank Y!mobile
1 2100MHz
3 1800MHz  
8 900MHz    
11 1500MHz  
18 800MHz      
19 800MHz      
21 1500MHz      
26 800MHz      
28 700MHz
41 2500MHz  

Y!mobile(旧イーモバイル)はSoftBank傘下となり、使用してるバンドはSoftBankと同じになったらしいです。
ただし、Y!mobileもMNOのためSoftBankの端末で使用するにはSIMロック解除が必要となるので注意してください。

SIMフリー端末をauのSIMカードで使う場合の注意点

多くのSIMフリー端末はバンド1に対応しているため、どこのSIMカードでも使用できるように思えますが、auのSIMカードを使用する場合は注意が必要です。
そもそもSIMフリー端末を使用する場合、前提条件として技適認証を受けている必要があります。
日本国内で販売されているSIMフリー端末は技適認証を受けていますが、auのSIMカードが使えるかどうかはその技適認証の中身が関わってきます。

バンド1上りの周波数(1920MHz~1980MHz)について各キャリアの割り当て構成は以下のようになっています。

1920MHz~1940MHz au
1940MHz~1960MHz docomo
1960MHz~1980MHz SoftBank(Y!mobile)

実はauに割り当てられている周波数はPHSの帯域(1925.7MHz)にとても近いものになっているのです。
そのためauの周波数を利用する端末はPHSを保護するための技適を取得する必要があります。
多くのSIMフリー端末はPHS保護の技適を取得していないため、技術的には使用可能ですが法的に使用不可の状態となっています。

もしauのSIMカードでSIMフリー端末を使おうと考えてるのでしたら、総務省電波利用ホームページで以下の帯域で認証を受けているかを調べる必要があります。

  • 5M0 1922.5MHz~1927.1MHz (100kHz間隔47波)
  • 10M0 1925.0MHz~1934.6MHz (100kHz間隔97波)
  • 15M0 1927.5MHz~1942.1MHz(100kHz間隔147波),1932.5MHz(1927.19MHz~1937.81MHzの内、連続した最大5.4MHz幅を送信する場合に限る)
  • 20M0 1930.0MHz~1949.6MHz(100kHz間隔197波),1930MHz(1925.32MHz~1934.68MHzの内、連続した最大4.32MHz幅を送信する場合に限る)

 

ギルドマスターがガチでおすすめする格安SIMランキング

イチ押しはdocomoとauの両方に対応し、分厚いユーザサポートのあるmineo

  • docomo回線とau回線の両方に対応している
  • SIMカードを複数枚契約すると割引がある
  • 家族間、同一契約者で余ったパケットを翌月共有できる
  • 電話やメール以外に店舗サポートがある
  • フリータンクという独自のサービスでパケットをmineo全ユーザで分け合える

端末セットで買うなら専売端末のある楽天モバイルがハイコスパ!

  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天モバイル専売のスマートフォンがある
  • 度々開催されるキャンペーンで最新端末が安く購入できる
  • 口座振替での支払いが可能

維持費最安値なら月額298円から使えるロケットモバイル

  • 低速だけど、格安SIMの使い放題プランで最安値
  • アップロード特化のプランがあるため、YouTuberに最適
  • 独自のポイントシステムで月額料金を0円にすることも可能

-基礎知識
-

Copyright© シムギルド , 2018 AllRights Reserved.